学習・開発

iOSアプリ開発 - 導入編 –

今回はiOSアプリ開発の導入編のようなものをまとめていきたいと思います。

はじめに
以前の投稿からも書いている通り、iOSアプリの開発は未経験でswiftも勉強中のため、
認識違いや間違いがあるかもしれません。
その際にはコメント欄にご指摘頂くか、暖かく見守っていただけると幸いです。

さて、前置きはこれくらいにして、早速始めていきたいと思います。
この導入編のようなものを出そうと思ったきっかけは、私がアプリ開発を始めるうえで
よく分からないな?というポイントがありました。

よく分からないポイント

1.Xcodeって何者?
2.Xcodeとswiftはどんな関係があるの?

このあたりの疑問を解決していきたいと思います。

Xcodeとは

Xcodeとはアプリ開発に必要な作業をサポートしてくれるアプリ開発ツールのことです。

具体的にはこんな事ができるようです。

・テキストエディタ
・インターフェースビルダー
・デバッガ
・コンパイラ
・iOSシミュレータ
etc.

この中から、言葉だけではパッとイメージが付きにくいそうなインターフェースビルダーについて説明します。

インターフェースビルダーとは

ボタンやスイッチ等の部品をプログラムを1行も書く事なくアプリに追加できるツール
のようです。
アプリの画面にボタンを配置して、swift等を用いて処理を制御させていくのでしょう。

Xcodeとswiftの関係について

Xcodeとはのところでも説明しましたがXcodeとswiftの役割を見ると関係が分かると思います。

<div class=”simple-box6″><p>
Xcode  … 開発ツール
swift  … 開発言語
</p></div>

大まかに説明すると、swift等の開発言語でプログムを実装し、Xcodeを使って
コンパイルしてリリースするという流れですね。

実際に開発する際はXcodeとswiftを行ったり来たりする事になるのかなと思います。
デバッグしたり、シミュレータを使ったり。

まとめ

・Xcodeは開発ツールのこと
・swiftは開発言語のこと
・swiftでプログラムを行いXcodeでコンパイルして、リリースする

参考書籍

■タイトル
No.1スクール講師陣による
世界一受けたいiPhoneアプリ開発の授業

■出版
技術評論社

■監修
RainbowApps

■著者
桑村治良 我妻幸長 高橋良輔 七島偉之

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です