体験談・その他

個人の名刺を作るメリットについて

先日、個人の名刺を作りました。

今は会社に所属しているので、本格的に活動しているわけではありませんが、フリーランスとして働きたいと思っているので、その準備の一環として作りました。

きっかけは、とあるYouTuberの方が下記のような内容のお話をされていました。

今の時代はSNSがあるから名刺は不要という風潮がある。
しかし、人と会った時に名刺があるのと無いのでは印象が全然が違う。
挨拶の時に名刺を渡すと「こいつ、しっかりしているな」という印象を持たれる事が多いので、フリーランスこそ名刺はあった方がよい。

私もこの内容に共感しました。

安ければ100枚で1,000円前後、私の場合はちょっと奮発して100枚6,000円くらいの投資をしましたが、それに見合うだけの価値があると思い、名刺を作る事にしました。

実際に作った名刺がこちらです。

スクリプト調のデザインになっていて、結構気に入っています。

システムエンジニアとして活動しようと思っているので、この名刺を受け取った人には「なんかよく分からないけど、プログラム出来そう」みたいな印象が与えられたらいいなと思い、このデザインにしました。

初見の場合、当然相手の事はサッパリ分からないものですが、名刺ひとつで錯覚資産が生まれて信用を勝ち取る事が出来るのならば、6,000円の投資は安いなと思うのです。

ちなみにこちらの名刺は「whoo」というカスタム名刺デザインのサイトで作りました。
(参考:https://whoowhoo.com/

副次効果として、whooで名刺をカスタマイズしている時の、こんな名刺が出来たらいいなというドキドキと、それが実際に出来上がって届いた時の感動は感慨深いものがありました。

ちなみに、無料で(一部有料ですが)カードのサンプルを送ってくれるので、自分の名刺を注文する前に申し込んでおくと、イメージと違った時に後悔が少ないと思います。

私はサンプルで事前にカードの質を確認していたので、満足のいく名刺を作る事ができました。

もしこの記事を読んで興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、名刺を作ってみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です